スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴金属アレルギー

金属アレルギー
アクセサリーや日用品に使われる金属が汗や体液にわずかに溶け、イオン化した金属が体内に入り込み、同じ金属と接触すると拒絶反応を起し、皮膚がかぶれたり、炎症を起す状態をアレルギー性接触皮膚炎といいます。


金属アレルギーの原因
金属の種類、金属を身につける環境や体質が主な原因です。
特に多いのが金属の種類によるアレルギーです。

●アレルギーを起しやすい金属
ニッケル、水銀、スズ、コバルト、クロム、パラジウム、プラチナ、金、銅、亜鉛、カドミウム、マンガン等

●アレルギーを起しにくい金属
アルミニウム、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウム、銀、チタニウム等

アレルギー原因の金属種類は人によって様々です。
専門医や病院での検査を受け、原因の金属をご確認する事をお勧めします。


金属アレルギー対処法
○専門医や病院でパッチテストを行い、ご自分の合わない原因金属を身につけないようにしましょう。
○アクセサリーなど貴金属使用後は、汗などを丁寧にふき取り、清潔に保って下さい。
 特にピアスなどは(肌に直接穴をあける為)清潔に取り扱って下さい。
○アレルギーになりやすいニッケルなどの合金を使わない高品質なアクセサリーをお選び下さい。
 安価なアクセサリーだけでなく、高価なアクセサリーでもニッケルなどの合金の場合があります。
 信頼のおけるお店だけで購入して下さい。

尚、パッチテストは保険適用の為、700円~2000円程度で受けることが出来ます。
詳しくは、お近くの皮膚科へお問合せ下さい。

一度なると完治が難しいのが、金属アレルギーです。
きちんと検査を行った上で、高品質の貴金属の使用と清潔に保つお手入れをお勧めします。

金属についての知識とご自身の状態を知ることで、アクセサリーをもっとお楽しみ頂けたらと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

KC_ReinA

Author:KC_ReinA
ジュエリーデザイナー
ジュエリーコーディネーター
宝石鑑定GIA_G.G.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。